血行動態モニタリング

要旨

要旨

スワンガンツを用いた血行動態モニタリングの、生理学的基礎と臨床応用を解説したサポートツールです。

スワンガンツカテーテルの開発はバルーンを膨らませる簡単なデザインから始まり、光ファイバーを使った酸素飽和度の測定、心拍数の管理を目的とするペーシング電極、そして右心機能を区別して評価する方法など、心肺機能をより深く理解することの必要性を高める役目を果たしてきました。これらのことをより深く理解することによって、患者の状態や治療に対する反応をより速く評価することができます。

心機能から見た解剖学、心臓生理学、血行動態モニタリングの生理学的基礎、そしてそれらの臨床適用など、スワンガンツカテーテルを用いた血行動態モニタリングの様々な要素を取り上げています。

▼ダウンロード

ダウンロード